脱毛

脱毛前日のチェックリスト!気をつけたいポイントや注意点は?

初めての脱毛体験!当日の持ち物や事前のお手入れは?

「脱毛を契約した!やっと面倒なムダ毛の処理から解放される!」と思っているかもしれませんが、ちょっと気が早いです。脱毛は完了するまでに時間がかかり、その間も自己処理を続ける必要があります。

高校生でも安心!おすすめの脱毛サロン2選
脚脱毛が完了するまでにいくらかかる?人気サロンの料金・回数を比較女性なら一度は「スラリと伸びるツルツルの脚」に憧れたことがあるのではないでしょうか。 ムダ毛がない脚にするために、カミソリや電動シ...

脱毛を受ける際は、施術前日に気をつけたいポイントがいくつかあり、自己処理もその一つです。間違ったやり方で行うと、施術してくれないこともあるので注意しなければいけません。

せっかく高額な契約料金を支払ったのに、ペナルティを払わなければならないのはとても痛いことです。

私もその厳しさや細かさに、もうやめようかなと思ったこともありました。

だけど、脱毛してキレイになるんだという気持ちを思うと、やるべきことをきちんとしておけば問題ではないという考えに至ったんです。

脱毛前日にしなければならないことや、気をつけたいポイント、注意点は以下のようなものになります。

  • 毛を抜かない
  • 自己処理は前日までに済ませる
  • 日焼けをしない
  • 保湿を心がける
  • 生理前は避ける
  • 飲みすぎない
  • 予防接種は期間をあける

そこで今回は、自己処理で気をつけることや、私が使って良かったおすすめの処理道具、自己処理以外で脱毛前日に注意すべき5つのポイントについて紹介します。

>>2018年11月のオススメサロンはミュゼに決定<<

ミュゼ公式サイトへ
https://musee-pla.com/

基本的に脱毛前はムダ毛の処理が必要

基本的に脱毛前はムダ毛の処理が必要脱毛には種類があり、多くの方が選ぶのは脱毛サロンでの光脱毛や、医療機関のレーザー脱毛だと思います。

それぞれ使用する波長は違っても光を照射して、毛根の黒い色素にダメージを与えて毛を抜く仕組みは同じです。

皮膚表面に毛がある状態で施術すると、毛が焦げることもあれば、やけどすることもあるので施術前はムダ毛を処理しなければいけません。

施術当日は毛が生えたまま行き、その場で剃ってくれるところや、自己処理をしたきれいな状態を求められるところもあり、受ける脱毛サロンなどによって対応はまちまちです。

私が光脱毛で通った脱毛サロンでは、行ってから施術者がムダ毛を処理してくれたので、何もせずに通っていました。

しかし、レーザー脱毛で通ったクリニックでは事前の自己処理が必要で、残っている毛が1本でもあると剃毛料金として500円かかりました。

脱毛サロンなどによって剃毛料金は違いますが、たった1本の毛でもお金がかかるのはもったいないです。事前に自分で処理する必要がある場合はきれいにしておきましょう。毛が残っていると、一部だけ照射されずに1回分を使ってしまう可能性があるので注意してください。

私は万が一に備えて、脱毛に行くときは必ずカミソリを持って行くようにしています。

脱毛サロンで見つけてもらった毛があっても、自分で剃ればお金はかかりませんし、照射してもらえなかった一部だけ、毛の抜けるタイミングがずれる心配もありません。

事前の処理が必要ないこともある

光やレーザー脱毛はやけどの心配もあるため、事前に毛を剃ってから施術しますが、ニードル脱毛は毛を残した状態で行っても大丈夫です。

ニードル脱毛は毛穴に針を刺し、電気を流して毛根を破壊する脱毛法なので、逆に毛が生えていないと脱毛する毛穴が分かりません。

また、光やレーザー脱毛であっても、背中やOラインなど、自分で処理できないパーツは人にやってもらうことになります。

剃毛料金がかからないところもあれば、別途料金が必要なこともあり、脱毛サロンやクリニックによって違います。自分で処理できない部分は行ってから剃ってもらえるのか、事前に確認しておきましょう。

私はVIOラインをレーザー脱毛したとき、Vラインは自分で処理して、IとOはクリニックで剃毛してもらいました。

そこは自分で処理しにくい部分の剃毛はやってくれるところだったので、IとOについては無料で助かりました。

脱毛前日までの自己処理で気をつけたい3つのこと

脱毛前日までの自己処理で気をつけたい3つのこと光やレーザー脱毛では、基本的に脱毛前日までには自己処理を済ませておく必要があります。処理をするにあたって、次の3つのことを覚えておきましょう。

毛を抜かない

どの脱毛法にも言えることですが、脱毛は毛根がないと施術をしても意味がありません。いつもの癖で抜いてしまいそうになりますが、毛根がなくなるので絶対に抜かないでください。

これは脱毛前日に限ったことではなく、脱毛期間中は毛周期の影響を受けるため、毛を抜くことは止めましょう。次の脱毛日まで期間があるからと思って、気になる毛を抜いてしまうと、毛周期が乱れ、次の脱毛で思うような結果が得られない可能性があります。

処理をする際は、カミソリや電気シェーバーを使いましょう。

自己処理は前日までに済ませる

ムダ毛の自己処理は3日前から前日にかけて行います。いつ行っても構いませんが、剃り残しをなくすために3日前から毎日チェックして毛が残っていないか確認することも一つです。

光の加減や角度によって見える毛と見えない毛があったり、昨日はなかった毛が今日には生えていたりします。

私は剃毛料金がかかってからというもの、事前の自己処理にかなり気を遣うようになり、3日前から毎日毛を見つけては剃っていました。

その後、剃り残しが見つかることはなかったので、自分で処理する際は日を変えて何度もチェックすることがおすすめです。

事前の処理をしてはいけないことも

光やレーザー脱毛でも、一部だけショットで照射する場合は事前の処理はしません。剃ってしまうと、どこに照射したら良いか施術者は分からないので、毛が生えた状態で行きます。

脱毛サロンなどでは、照射前にマーカーで脱毛する箇所をチェックし、その後剃毛してくれます。

カミソリを持参して自分で剃らなければいけないところもあれば、用意されたカミソリを使って施術者が剃ってくれるところもあります。

ショット照射であっても、剃毛料金がかかるところとかからないところがあるので、事前に確認しておきましょう。

脱毛前日までに行う正しい自己処理のやり方

脱毛前日までに行う正しい自己処理のやり方事前のムダ毛処理にはカミソリや電気シェーバーがおすすめですが、正しいやり方で行わないと肌を傷つけてしまい、当日脱毛できないこともあります。

使用する道具によって処理方法が違うので、それぞれ正しいやり方で行ってくださいね。

カミソリでのムダ毛処理方法

カミソリを使ってムダ毛を処理する場合は、お風呂に入ってやると温まって毛穴が開くのでおすすめです。

クリームなどを塗ってから、毛の流れる方向に合わせて滑らすように剃っていきます。

カミソリを持っていない方の手で、肌をピンと張るように押さえると、きれいに剃ることができます。

電気シェーバーでのムダ毛処理方法

電気シェーバーの場合、防水仕様でなければお風呂で使えないので、ホットタオルで脱毛するパーツを蒸らしておくと良いですよ。

クリームなどを塗らずにそのまま剃っても問題ありません。

ただし、毛が長いと電気シェーバーは使えないので、顔用の電気シェーバーやハサミなどを使って短くしておきましょう。

カミソリは毛の流れに沿って剃りますが、電気シェーバーは毛の流れに逆らった方がきれいに剃れます。

いくら安全な道具を使っているとはいえ、剃った後の肌は目に見えない傷がついています。

角質が剥がれて乾燥しやすいので、どちらの方法で自己処理をするにしても、最後は化粧水などで保湿をしてあげてくださいね。

乾燥した状態の肌では、脱毛効果が十分に発揮されません。

使って良かった!ムダ毛の自己処理におすすめの道具

使って良かった!ムダ毛の自己処理におすすめの道具カミソリや電気シェーバーにも様々な種類がありますが、きれいに剃れて、安全に使えることを基準に選ぶと良いですよ。

私が実際に使って良かった、おすすめのカミソリと電気シェーバーを紹介するので参考にしてみてください。

シックハイドロシルク/シック

シックハイドロシルク/シック

シックハイドロシルク/シック  出典:Schick公式ページ

シックハイドロシルクは替え刃タイプのT字カミソリです。ヘッドが柔軟に動き、5枚刃なので力を入れる必要がありません。膝や脇などカーブのある部分もスッと剃ることができて使いやすいです。

切れ味が良いと、傷ついて危ないような気もしますが、シックハイドロシルクには安全ガードが付いているので安心です。

また、ヘッド部分にはヒアルロン酸やセラミドなどの美容ジェルがついていて、水に塗れると溶けるようになっています。

カミソリを使った後は、肌がカサカサになることがありますが、シックハイドロシルクは美容ジェルのおかげでカサカサになりません。

だからと言って、処理した後に保湿をしなくても良いわけではないですよ。脱毛効果を上げるために、しっかり保湿をしてくださいね。

シックプレミア敏感肌用/シック

シックプレミア敏感肌用/シック
シックプレミア敏感肌用/シック 出典:Schick公式ページ

Vラインを初めて剃るときは「何を使えば良いのか分からない!」、「そんなところに刃物を当てるのは怖い!」と思う方もいると思います。

私も最初はみなさんと同じ気持ちで、なるべく安全な道具を探してたどり着いたのが、シックプレミア敏感肌用でした。

顔や眉毛を整えるときに使うI字型のカミソリですが、体でも細かい部分を剃るには使いやすいアイテムです。

シックプレミア敏感肌用の安全ガードはとても細かいので、傷つける心配もなく、安全でありながらきれいに剃れるのでおすすめです。

Vラインの処理で使うときは、カミソリを持っていない方の手で肌をピンと押さえながら、カミソリを小さく動かすと良いですよ。

シックプレミア敏感肌用には折りたたみタイプもあり、私は脱毛施術日に持参していました。

コンパクトなので持ち運ぶことを考えるなら、折りたたみタイプが良いと思います。私は、家用と持ち運び用で使い分けていました。

ブラウンレディーシェーバー/ブラウン

ブラウンレディーシェーバー/ブラウン

ブラウンレディーシェーバー/ブラウン 出典:BRAUN公式HP

カミソリよりもさらに安全に使えるのが電気シェーバーです。刃がないので、前日の自己処理で傷をつけてしまい、当日施術できない!という心配がありません。

ブラウンレディーシェーバーはヘッドの動きが良く、凹凸があってもしっかりと深く剃ることができます。

他の電気シェーバーも使ったことはありますが、ブラウンレディーシェーバーは剃った後の肌にざらつきがありません。

防水タイプなので、お風呂場でも使えて便利ですよ。私は脱毛前日に傷をつくらないように、脱毛3日前から始めた自己処理の仕上げに使っています。

自己処理以外で脱毛前日に注意する5つのこと

自己処理以外で脱毛前日に注意する5つのこと脱毛前日は、ムダ毛の自己処理以外にも注意してほしいポイントが5つあります。

ポイント1.日焼けをしない

脱毛期間中に必ず注意されるのは日焼けです。日焼けをすると肌が黒くなりますよね。

光やレーザー脱毛は黒い色素に反応するので、日焼けをしていると皮膚が反応して、やけどする可能性があります。

また、毛根に届くはずの光の波長が、毛と皮膚に反応して分散されると、十分な効果が得られないことがあります。脱毛中は念入りに紫外線対策をしましょう。

ポイント2.保湿を心がける

乾燥している肌はバリア機能が低下して、敏感な状態です。脱毛は毛根にダメージを与えるほどのパワーがあるため、敏感な肌には刺激が強く、痛みが増すことがあります。

また、我慢できないほどの痛みなら、出力を下げなければいけないこともあり、脱毛効果が下がってしまいます。

前日はしっかり保湿をして、毛が抜けやすい肌になるよう整えておきましょう。

ポイント3.生理前は避ける

脱毛当日に生理が重なるとVIOなど、直接影響するパーツの施術できません。脱毛サロンなどにもよりますが、VIO以外ならできるところもあれば、生理中は全てのパーツの施術が断られることもあります。

脱毛施術日は生理にならない日を選ぶことに越したことはありませんが、生理日が分からないという方もいると思います。事前に、施術当日に生理になった場合の対応を確認しておきましょう。

仮に、生理を避けて出血の問題は逃れたとしても、生理前の肌は敏感です。

いつも以上の痛みを感じることもあれば、思わぬ肌トラブルが起こる可能性もあるため、なるべく避けた方が良いでしょう。

自己処理以外で脱毛前日に注意する5つのこと
【全身脱毛】生理中はおすすめしない理由は?サロン別の対応もご紹介「これからどんどんきれいになって、自信たっぷりの自分に変身できる!」とわくわくするのが全身脱毛ですが、実は初回のカウンセリングで「生理中...

ポイント4.飲みすぎない

少量であれば、施術前日にアルコールを飲んでも問題ありません。私は晩酌をしますが、翌日脱毛に行っても支障はないので大丈夫です。しかし、飲みすぎはいけません。

適量を超えてアルコールを飲むと、血行が良くなって顔が赤くなります。体は火照った状態なので、光やレーザーの波長で熱さや痒みを感じることがあるのです。

また、飲みすぎて調子が悪い状態で施術を受けると、余計に気分が悪くなる可能性もあるので気をつけましょう。

ポイント5.予防接種は期間をあける

季節によっては、インフルエンザなどの予防接種を受ける季節に脱毛を受けることがあると思います。

予防接種は体の中で効果を発揮するもので、少量のウイルスを体内に入れている状態です。

人によっては熱が出たり、注射部位がパンパンに腫れることもあります。体調が不安定な時期に光やレーザーを照射すると、思わぬトラブルが起こる可能性もあるため、避けた方が良いと言われています。予防接種をするなら脱毛日2週間前までに済ませておきましょう。

これら5つの注意点に共通することは、いずれも肌と体が敏感になっているときです。早く脱毛を完了させたい気持ちは分かりますが、無理に施術をしようとするのは止めておきましょう。

30代におすすめサロンはここ!おすすめサロン紹介
脱毛前後の飲酒すると危険!飲酒がNGな3つな理由とその対処法脱毛に通うといろいろな決まり事が出てきます。 その中でも、特に気をつける事で挙げられているのが「飲酒」です。 一見、脱毛...

脱毛前日の注意点を押さえて施術に挑もう!

脱毛前日の注意点を押さえて施術に挑もう!脱毛を契約しても、完了するまでは自己処理が必要です。脱毛前日の処理によって、施術日に脱毛できないこともあれば、余計な料金を払う羽目になる可能性があります。

毛は抜かずに剃り、丁寧な処理を心がけ、施術日はもしもに備えてカミソリを持っていきましょう。

最初のうちは、結局いつもの自己処理をしているのと変わらないような気分になります。でも、脱毛回数を重ねるうちに毛も細く、少なくなるのでどんどん楽になってきますよ。少しの辛抱ですからね。

最後にもう一度、脱毛前日にしなければならないことや、気をつけたいポイント、注意点をまとめますね。

  • 毛を抜かない
  • 自己処理は前日までに済ませる
  • 日焼けをしない
  • 保湿を心がける
  • 生理前は避ける
  • 飲みすぎない
  • 予防接種は期間をあける

このように、自己処理以外にも、脱毛前日は気をつけなければいけない注意点がいくつかあります。

せっかくきれいに自己処理したのに、その他の理由で脱毛できなかったら残念です。そんなことがないよう、万全の態勢で当日の施術に挑みましょう!

契約までの流れは?契約の手続きに予約は必要?
脱毛当日のスケジュールは?脱毛前後にしてはいけない16のこと「せっかくお金と時間をかけて脱毛をするのだから、出来る限り効果が出るようにしたい」 脱毛当日にしていいこと、してはいけないこと...
新店舗