脱毛

脱毛するなら日焼けはNG!日焼け肌が脱毛できない3つの理由と対処法

セルフ脱毛は面倒!ある程度の効果と安さで選ぶなら「光脱毛」

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛中に、日焼けをしていると施術を断られてしまうケースが多くなっています。

せっかく予約当日に訪れても、肌の状態を見てスタッフや医師が危険だと判断した場合は、肌落ち着くまで2週間以上も脱毛を休まなければなりません。

ひどい日焼けだと肌が元に戻るまで1カ月以上必要なこともあるので、脱毛完了時期が遅くなってしまいます。

なぜ日焼けをしていると、脱毛ができなくなってしまうのでしょうか?

大きな鍵を握っているのは、脱毛に深く関わっているメラニン色素です。

ただ、諦めないでくださいね!実は日焼けでも脱毛を受けられるサロンやクリニックがあるんです!

下記にまとめておきました!

施術場所脱毛サロン医療クリニック
脱毛マシンSHR方式ダイオードレーザー
◆メディオスターNext Pro
サロン名
クリニック名
・【私のおすすめ】ディオーネ
ストラッシュ
ラココ
・【私のおすすめ】アリシアクリニック
リゼクリニック
GLOWクリニック
  • 脱毛サロンであれば、SHR方式を取り入れているところ
  • 医療クリニックであればダイオードレーザーの中でも「メディオスターNext Pro」を取り入れているところ

今回は、日焼けしていると脱毛を断られる3つの理由をはじめ、日焼けをしていても脱毛を受けられる脱毛サロンと医療クリニックをご紹介しますね。

>>一生涯メンテナンス保証してくれる<<
>>今なら2か月間0円スタートキャンペーン実施中<<

シースリー公式サイトへ
https://c-3-esthe.com/

1.日焼けをしていると脱毛を断られるのはなぜ?3つの理由

脱毛期間中は日焼けNGと言われる3つの理由

脱毛サロン、医療クリニックのいずれも、日焼けをしていると脱毛を断れることが珍しくありません。

日焼けをしている肌に照射をすると、あらゆるトラブルが予想できるので断られてしまいます。

その代表的な理由として3つご紹介しましょう。

  • 理由1.脱毛時の痛みが強くなる
  • 理由2.日焼けしていると脱毛効果が落ちてしまう
  • 理由3.肌トラブルを引き起こす原因となる

それぞれ詳しく見ていきますね。

理由1.脱毛時の痛みが強くなる

光脱毛もレーザー脱毛も、照射時に熱さを感じます。

照射して熱を与えることで、毛の成長器官である毛乳頭にダメージを与えるからです。

この熱は、メラニン色素に反応するものとなっています。

すなわち、毛の黒い色を利用して毛乳頭まで浸透させていると考えましょう。

日焼けをしている肌も、メラニン色素によって通常よりも黒くなっていますよね。

照射をすると、日焼けで黒くなった肌の色にも反応して熱を強く感じ、普段よりも痛みが増してしまうので危険です。

特に、照射威力の強いレーザー脱毛だと耐えきれないほどの痛みが予想されるので断られることがほとんどとなります。

スムーズな脱毛を望むのであれば、日焼けには気を付けましょう。

理由2.日焼けをしていると脱毛効果が落ちてしまう

日焼けをしていると、痛みが強くなることから照射威力を弱めて施術をするところがほとんどです。

照射威力が弱い分、脱毛効果が落ちてしまうのは当然の結果となります。

また、メラニン色素に反応した光やレーザーが毛乳頭毛のみではなく、肌にも分散されるため、毛乳頭に届く量が少なくなり脱毛効果が落ちてしまいます。

このように、貴重な脱毛回数1回分を日焼けのために無駄にすることにもなりかねません。

理由3.肌トラブルを引き起こす原因になる

日焼けをしている肌は、普段よりもデリケートな状態です。

光もメラニン色素によって強く反応してしまうので、肌トラブルを引き起こすことが少なくありません。

かゆみ、火傷、毛嚢炎、腫れ、むくみなどの肌トラブルが代表的なものです。

火傷に関しては、レーザーの形がくっきりと分かるようなトラブルが出てしまい悩んでいる方もいます。

こちらに、日焼けした肌にレーザー脱毛を施したために肌トラブルが出てしまったという、分かりやすい写真が掲載されています。

このような事態になると、改善されるまで肌も見せられず、脱毛も休むことになります。

日焼け対策はきちんとする、日焼けしているなら脱毛を休むなどダメージを与えないように心がけましょう。

日焼けはどのくらいなら大丈夫?サロンとクリニックで調査

脱毛中の日焼けは一切NGなの?どのくらいまでなら施術可能?

脱毛サロン、医療クリニック共に、日焼けに関してはきちんとカウンセリング時に注意喚起をしています。

また、どの程度の日焼けなら問題ないかなども説明があるので、しっかりと聞いておきましょう。

脱毛サロン

脱毛サロンでは、光脱毛の施術を受けられます。

光脱毛は、レーザー脱毛より照射威力が弱いので、日焼けなどあまり気にしていないという方もいるのではないでしょうか?

サロンによっては、来店しても日焼けの状態によっては断られる場合もあります。

代表的な脱毛サロン3つを例に挙げてご紹介しましょう。

キレイモ

キレイモでは、日焼けをしている肌では施術ができません。(下記キレイモの公式サイトより日焼けに関する内容を引用。)

原則として脱毛をお断りしております。日焼け直後のお肌に脱毛マシンの光を当てると、お肌に負担が掛かってしまう可能性があり、お肌トラブルの元となってしまうためです。
また施術後はお肌がデリケートな状態になっているため、施術後2週間は日焼けをしないよう対策をお願いしております。

※出典:キレイモ公式サイト「日焼けをしているのですが脱毛出来ますか?」より

ただし、そこまで神経質になる必要はなく、炎症を引き起こしていない程度の日焼けであれば問題はありません。

逆に、日焼けによる熱を持っている、赤く炎症している、肌色が毛の色に近い状態まで日焼けで小麦色になっていると施術はできません。

キレイモ公式サイト

銀座カラー

銀座カラーに日焼けをする前から通っていた場合、スタッフがいつもよりも肌が黒いと判断したら脱毛が受けられません。(下記銀座カラーの公式サイトより日焼けに関する内容を引用。)

●以下に該当されるお客様は施術をお受けできません。
・妊娠している方
※出産後、生理が来て体調が安定してからの再開となります。
※ワキ・胸・乳輪周りは、授乳期間が終了してからの再開となります。
・光感受性を高める薬を内服している方
・タトゥー、アートメイク、整形手術の箇所
・生理期間中のVライン(上部 / サイド / iライン)、ヒップ、ヒップ奥の施術
・結婚式の予定が1ヶ月以内にある方

●以下に該当されるお客様は施術をお受けできない場合がございます。
日焼けをしてお肌が黒い方、日焼けによる肌ダメージがある方
・体調が優れない時
・注射(予防接種を含む)の後、赤み、腫れがひかない方
・お肌の状態が悪い時(傷 / 炎症 / アトピー性皮膚炎など)
・お薬の服用、お薬の塗布中の方

※以上の項目に該当される方は、事前にスタッフまでお知らせください。

※出典:銀座カラー公式サイト「施術ができない条件はありますか?」より

また、日焼け後の赤みが残っている状態も施術を断られます。

施術後1週間は日焼けに注意し、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をするようにと説明があります。

銀座カラー公式サイト

シースリー

シースリーのHPなどには特別記載はありませんが、キレイモ・銀座カラーと同様で日焼けした肌では脱毛が受けられないと考えておきましょう。

メラニン色素に反応する脱毛マシンを使用しているので、基本的には日焼けが落ち着くまでは、脱毛は受けられません。

最低でも日焼けをしてから2週間は施術できないので、紫外線対策は忘れずに行いましょう。

シースリー公式サイト


このように、照射威力が弱い光脱毛でもメラニン色素に反応する脱毛マシンを使う場合には日焼けしている肌は施術ができません。

全身脱毛をする場合、見落としがちなのがうなじです。

髪の毛をアップにした時、ショートカットの方など、うなじも紫外線対策を忘れずにしておきましょう。

日焼けの状態によっては、うなじのみ施術ができないということになりかねません。

医療クリニック

医療クリニックでは、光脱毛よりも効果の高い脱毛ができるレーザー脱毛が受けられます。

照射威力が強いため、光脱毛よりも肌トラブルに気を付ける必要があります。

もちろん、日焼けに関してもしっかりとした対策が必要です。

脱毛で人気のある、3つの医療クリニックを見てみましょう。

アリシアクリニック

アリシアクリニックのHPには日焼けに関するコラムも掲載されています。(下記アリシアクリニックの公式サイトより日焼けに関する内容を引用。)

レーザー脱毛で全身脱毛をしたら、思い切ってきれいになった肌を露出したい!と考える女性は少なくないでしょう。大胆に肌を見せるわけでなくても、手先や足先など、ふとした瞬間に見える肌がきれいだと自分に自信が持てそうですよね。しかし、実は脱毛中の肌は日焼けが厳禁だということはご存知でしょうか。日に焼けると、十分な脱毛効果が得られないことがあるばかりか、肌を傷めてしまう恐れがあるのです。

※出典:アリシアクリニック公式サイト「レーザー脱毛で日焼けは厳禁?!気になる全身脱毛のアレコレ」より

アリシアクリニックの脱毛マシンは「ライトシェアデュエット」です。

「ライトシェアデュエット」は、メラニン色素に反応する脱毛マシンとなっているので、日焼けした肌には施術ができません。

万が一、脱毛期間中に日焼けをしてしまった場合は、アリシアクリニックの看護師から再開許可が下りた段階で照射可能になります。

アリシアクリニック公式サイト

湘南美容外科

湘南美容外科はアレキサンドライトレーザーを使った脱毛マシンを扱っています。

こちらも、メラニン色素に反応するため日焼けした肌は施術ができません。

脱毛前後2週間は、日焼けをしないようにすることを伝えられます。

アリシアクリニック同様、湘南美容外科では医師が肌の状態を確認して脱毛再開の時期が決まるので、2週間以上施術できないことも珍しくありません。

湘南美容外科公式サイト

リゼクリニック

リゼクリニックも、上の2社同様に日焼けした肌には施術ができません。(下記リゼクリニックの公式サイトより日焼けに関する内容を引用。)

基本的に、過度な日焼けした肌にはレーザーを照射できません。

レーザーは黒いものに反応しますので、極端に日焼けした肌にレーザーを照射すると、肌にレーザーが反応して火傷を起こすことがあります。そのため、肌の状態がある程度もとに戻るまで脱毛施術はお控えいただくことをおすすめします。
日焼けした状態でレーザー脱毛をする場合は火傷を予防するため、レーザーの出力を落とさなければならず、脱毛効果は弱くなります。

肌の状態によっては脱毛を行う事も可能ですので、まずは当院の無料カウンセリングにお越しください。医師が丁寧に診察いたします。

リゼクリニック公式サイト「日焼けしているのですが、レーザー脱毛して平気ですか?」より

肌トラブルを引き起こすことの他に、脱毛効果が弱まることもあって断っているとのことです。

医師の判断で再開時期が決まるようなので、やはり普段からの紫外線対策をおすすめします。

3.脱毛中は日焼け対策を心がけよう

脱毛期間中に日焼けしてしまった時の5つの対処法

脱毛中は、いつもに増して日焼けには注意が必要です。

つい忘れがちな日焼け止めも外に出る際には忘れないで塗るようにしましょう。

曇りだからと日焼け止めを塗らない方もいますが、太陽が見えていなくても紫外線は降り注いでいます。

そのため、気付いたら日焼けをしていたという方も珍しくありません。

天気に関係なく、日常的に日焼け止めを塗る習慣を付けていきましょう。

そして、車に乗る時、自転車に乗る時なども腕の日焼け対策にアームカバーを取り入れることをおすすめします。

日焼け止めだけでは防ぎきれない紫外線も、アームカバーをプラスすることでしっかりと日焼け対策が可能です。

脱毛直前と直後の日焼け止めは注意が必要!

日常的に日焼け止めを塗るようにとお伝えしましたが、脱毛直前と直後の場合は注意が必要です。

脱毛の直前に日焼け止めが塗られていると、脱毛効果が少なくなる可能性があるからです。

日焼け止め効果が脱毛に影響するのではなく、日焼け止めの色が問題となります。

特に、白い日焼け止めはNG!

黒いものに反応する光やレーザーで脱毛をするのに、日焼け止めが白い光が正常に反応ないので脱毛効果が少なくなります。

また、ウォータープルーフは拭き取っても肌に残るので、脱毛の当日は避けることも必要です。

特に、白いウォータープルーフの日焼け止めは、脱毛直前の使用はやめておきましょうね。

そして、脱毛直後の日焼け止めは、毛穴をふさぐことで炎症を引き起こすきっかけになります。

帰宅時は、長袖やアームカバー、ロングスカートやパンツなどで素肌を出さないような工夫をしましょう。

UV加工のしてある衣服を選ぶのもおすすめです。

4.日焼けOKの脱毛サロンと医療クリニックもあるのでご紹介!

脱毛期間中は日焼け対策を忘れずに

ここまで日焼けは脱毛には厳禁だという話をしてきました。

しかし、なかには日焼けをしている方で施術を受けられる脱毛サロンや、医療クリニックもあるんです。

日焼けしている肌が脱毛OKならば、肌が元から黒い地黒の方もOKということ!

「肌が黒いから脱毛は諦めていた」という方でも施術してもらえるので注目です。

なぜ日焼けをしていても脱毛できるところがあるの?

日焼けをしている肌に光やレーザーを照射すると、照射時に痛みが強く出る・脱毛効果が弱まる・肌トラブルが出ると説明しましたね。

これは、メラニン色素に反応しているから起きます。

すなわち、メラニン色素に反応しない脱毛マシンなら問題ないということです。

現在、メラニン色素に反応しない脱毛マシンを取り入れている脱毛サロンや医療クリニックも増えているので、日焼けなどが心配な方はチェックしてみましょう。

日焼けOKの脱毛マシンと扱っているサロンはここ!

数ある脱毛サロンと医療クリニックの中でも、日焼けしている肌でも施術可能な脱毛マシンを取り入れているところはあまり多くはありません。

施術場所脱毛サロン医療クリニック
脱毛マシンSHR方式ダイオードレーザー
◆メディオスターNext Pro
サロン名
クリニック名
・【私のおすすめ】ディオーネ
ストラッシュ
ラココ
・【私のおすすめ】アリシアクリニック
リゼクリニック
GLOWクリニック
  • 脱毛サロンであれば、SHR方式を取り入れているところ
  • 医療クリニックであればダイオードレーザーの中でも「メディオスターNext Pro」を取り入れているところ

このように、数が多くないので自然と通うべき場所は決まってくるのではないでしょうか。

選ぶ基準として…

  • 多少痛みがあっても短期間で脱毛を終わらせたい方は、医療クリニックの「メディオスターNext Pro」
  • 痛みのほとんどない脱毛なら多少長期間になってもいい方は、脱毛サロンの「SHR方式」

このように、あなたの希望に合っているものを選ぶことをおすすめします。

いくつか希望を出し、どちらが希望に合わせた脱毛ができるのかを考えましょう。

それぞれの詳しい特徴を紹介するので参考にしてみてくださいね。

SHR方式とは?

SHR方式の脱毛は、毛を包んでいる毛包にダメージを与える方法で脱毛効果を発揮します。

メラニン色素にも反応しないので、日焼けや地黒で肌が黒い方、毛の色素が薄い方、産毛が多い顔などに向いている脱毛方法です。

毛乳頭をターゲットにしていないので、毛周期に合わせる必要もないため2週間に1回などの早いペースでの施術が可能となっています。

脱毛完了まで、通常なら2~3年かかるところSHR方式なら半年から1年程度で済む計算になるので、短期間で脱毛を終わらせたい方にもおすすめです。

1度の照射で広範囲に光を当てられるので、施術時間も短いのも嬉しいですね。

ダイオードレーザーとは?

医療クリニックで扱っているレーザー脱毛は主に3種類に分かれています。

  1. ダイオードレーザー
  2. アレキサンドライトレーザー
  3. ヤグレーザー

これら3つのレーザーが脱毛で活用されています。

このなかでもダイオードレーザーは、日焼けや地黒の肌への脱毛が可能の脱毛マシンがあります。

そして、他の2つに比べても痛みはほとんどないところがポイント。

初めて医療クリニックで脱毛をするという方でも、安心して始められるのでおすすめです。

ダイオードレーザーを使用した脱毛マシンは2つあります。

「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT」です。

日焼けした肌には「メディオスターNeXT」を選びましょう。

メディオスターNeXT Pro

メディオスターは日焼けや地黒で肌が黒い方におすすめのレーザー脱毛マシンです。

特徴は大きく3つとなります。

  1. 他の脱毛マシンに比べて痛みが少ない
  2. 蓄熱式なのでメラニン色素には反応しない
  3. 肌の色、毛の色など関係なく脱毛ができる

メディオスターは、毛乳頭ではなく「バルジ」をターゲットにした脱毛方法です。

「バルジ」とは、毛の種にあたる発毛因子というもの。

肌の比較的浅い部分にバルジは存在しているため、毛乳頭をターゲットにしている他の脱毛マシンに比べても照射威力は弱くても問題ありません。

そのため、痛みの少ない脱毛が可能になっています。

また、メディオスターは「蓄熱式」と呼ばれるものとなっています。

低い温度の熱で、じわじわと加熱させて「バルジ」にダメージを与えていく方法です。

これは光脱毛のSHR方式と同じ仕組みだと考えましょう。

そのため、メラニン色素には反応しないので、日焼けや地黒の肌でも脱毛が可能です。

光やレーザーが反応しにくい産毛や、色素の薄い毛にも脱毛効果を発揮します。

色素沈着を起こしているVIO、ほくろの多い部分なども少ない痛みで脱毛ができるのでおすすめですよ。

ちなみに、ヤグレーザーも日焼け肌には対応可能となっていますが、痛みの強さからあまりおすすめができません。

痛みが少なく、肌トラブルも出にくいこと、取り扱いしている医療クリニックが多いことから、メディオスターがおすすめです。

まとめ

光脱毛、レーザー脱毛共に、メラニン色素に反応して毛乳頭にダメージを与えるものは、日焼けしている肌には施術ができないと覚えておきましょう。

夏だけではなく、冬でもスキーやスノボーなどで顔の日焼けをしてしまう方もいるではないでしょうか?

顔脱毛をする方は、季節関係なく紫外線対策を忘れないようにしましょうね。

日焼けしているけれど脱毛がしたい、肌の色が元から黒くて脱毛を断られてしまったという方は、メラニン色素に反応しない脱毛マシンなら施術可能です。

光脱毛なら「SHR方式脱毛」、レーザー脱毛なら「メディオスターNext Pro」を扱っているところなら受け入れてもらえます。

1度カウンセリングで肌を見てもらってくださいね。

日焼けは、脱毛以外にもしわやシミといった肌トラブルの原因にもなります。

せっかく脱毛できれいになった肌に、このようなトラブルがあると憂鬱な気持ちになってしまいます。

日頃から、肌のためにも紫外線対策は行うように心がけていきましょうね。

新店舗