脱毛部位

VIOって何?気になるVIO脱毛の特徴とサロンごとの料金徹底比較!

痛みは強いの?サロンでアンダーヘア脱毛した私が本音で口コミ!

「VIOラインの毛が濃くて恥ずかしい」「ショーツからアンダーヘアがはみ出してしまう」など、デリケートゾーンのムダ毛に対する悩みは尽きません。

私もVIOラインの毛が気になって、ショーツからはみ出たアンダーヘアには苦労していました。誰かに見せるわけではなくてもきちんとしておきたくて、ショーツをはく度に時間をかけて隠していたり、自己処理をしてケガもしていました。

VIOラインは自己処理しにくい部位であり、ケガをしてしまう可能性もあります。そこに雑菌が入って、病気になってしまう場合も・・。

安全にアンダーヘアのケアをしたいなら、脱毛サロンに通うのがおすすめです。そこで今回は、脱毛サロンに通ってVIO脱毛を終えた私が、特徴やサロンごとの料金などをご紹介します。

あわせて読みたい
自宅でVIO脱毛もできる脱毛ワックス
毛が濃いのは嫌!アンダーヘアこそ脱毛してスッキリキレイに夏が近づくと、海やプールに行きたいと思う女性も多いのではないでしょうか。しかし、水着の季節になると特に気になるのがアンダーヘア。アンダー...

>>2018年9月のオススメサロンはミュゼに決定<<

ミュゼ公式サイトへ
https://musee-pla.com/

脱毛部位でよく聞くVIOとは?

脱毛部位でよく聞くVIOとは?脱毛サロンで施術が受けられる部位としてメジャーなのは、ワキや背中、脚などです。しかし、VIOラインの脱毛も人気を集めています。VIOラインとは、一体どこの部分なのでしょうか。ひとつずつご説明していきましょう。

Vライン

「Vライン」とは、前面から見たデリケートゾーンのことです。ビキニラインを指しており、脱毛サロンによっては「Vライン」と「トライアングル」の2つに分けています。

その場合、Vラインは足の付け根、トライアングルは真ん中の部分にあたります。

Iライン

「Iライン」とは、陰部の両サイドのことです。Iラインは自分で見られないため、自己処理が難しい部位です。ケガを防ぐためにも、脱毛サロンで施術してもらうのがいいでしょう。

Iラインのアンダーヘアが多いと、蒸れやすくなるので、デリケートゾーンの臭いやかゆみが発生してしまいがちです。

Oライン

「Oライン」とは、肛門の周りのことです。毛は肛門を中心として、外側に向かって生えているのが特徴。意外にもOラインのムダ毛が濃い人が多く、脱毛サロンで人気の部位です。

Iラインと同じく自分で見られない部分なので、自己処理をするとケガをしてしまう恐れがあります。

VIO脱毛の特徴とは?

VIO脱毛の特徴とは?IラインとOラインのアンダーヘアは、すべて処理する人が多くなっています。一方、Vラインのアンダーヘアは、すべて処理するのではなく、形を整えるのが一般的です。

同じデリケートゾーンでも、ケアのやり方は部位によって違うのです。

では、VIOラインの脱毛はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

VIO脱毛の7つのメリット

  1. ショーツからはみ出さなくなる
  2. デリケートゾーンが清潔に保てる
  3. 生理のときに楽になる
  4. 自己処理による危険がなくなる
  5. 黒ずみが解消される
  6. チクチクしない
  7. 肌に負担をかけずに処理できる

ショーツからはみ出さなくなる

VIO脱毛の大きなメリットのひとつが「ショーツからアンダーヘアがはみ出さなくなる」です。アンダーヘアの毛が多いと、ショーツを履いたときに、両サイドから毛が飛び出してしまいます。その都度、気を遣いながらショーツの中にしまうのは面倒です。

水着を着るときは、さらに注意しなくてはなりません。「海でビーチバレーをしているときに、水着からアンダーヘアが飛び出していた・・」なんて恥ずかしい事態に陥らないようにしたいですよね。

VIOラインを脱毛することで、自己処理をしなくてもきれいなデリケートゾーンを手に入れられます。ショーツからはみ出す毛もなくなるのです。

デリケートゾーンが清潔に保てる

デリケートゾーンは、普段ショーツに覆われているため、蒸れやすい部位です。そこにアンダーヘアがたくさん生えていると、さらに蒸れてしまいます。すると、雑菌も繁殖しやすい環境になり、デリケートゾーンのかゆみや臭いが気になるように・・。

しかし、VIOラインを脱毛すると毛がなくなるので、蒸れにくく清潔な状態を保てます。特にIラインは臭いのもとになるので、しっかりと脱毛をしてくださいね。

生理のときに楽になる

生理のときはナプキンをつけるため、普段よりも蒸れやすくなります。そのため、かゆみが気になったり、臭いが漏れていないか心配になったり。また、毛に経血が絡みやすくなるので、不快感を感じてしまいます。

生理中は、精神的にも不安定になりやすい期間。VIOラインを脱毛してデリケートゾーンをすっきりさせ、ストレスを軽減してあげましょう。

自己処理による危険がなくなる

デリケートゾーンの中でもIラインとOラインを自己処理しようとすると、肉眼で見えないので危険ですよね。特に、Oラインは凹凸が多く、カミソリがすべりにくい部位です。そのため、無理に自己処理してしまうと、手がすべってケガをする恐れがあります。ケガをすると、傷から雑菌が入って病気になる可能性も・・。

そのため、脱毛サロンに通ってプロにお手入れを任せましょう。安全にデリケートゾーンのムダ毛が処理できます。

黒ずみが解消される

自己処理がうまくできずに、黒ずみが発生してしまう方も多いのではないでしょうか。私も以前、デリケートゾーンの自己処理がうまくいかず、どんどん汚くなってしまいました。自分でやろうとすると、黒ずみが増えてしまうのですよね・・。

しかし、脱毛サロンであれば毛を根元から除去するので、きれいなデリケートゾーンが手に入ります。黒ずみに悩んでいる方は、脱毛サロンでの施術がおすすめです。

チクチクしない

カミソリなどで自己処理をすると、剃った直後はきれいになりますが、2〜3日たつとムダ毛がまた生えてきます。生えてきた毛は、剃ったことにより先っぽが太くなっているため、チクチクとしてしまいます。「その不快感が嫌だから」と処理をし続けると・・さらに太くなっていき、悪循環にはまってしまうのです。

しかし、脱毛サロンで施術することにより、根元からムダ毛を抜くことができます。次に生えてくるのはやわらかく新しい毛なので、チクチクとした不快感がありません。

また、施術の回数を重ねると毛が薄くなり、最終的には毛が生えにくくなります。そのため、チクチクどころか、お手入れいらずの肌を手に入れられるのです。

肌に負担をかけずに処理できる

脱毛サロンで施術をすることによって、肌にかかる負担を最大限に減らしながら、ムダ毛が処理できます。肌にやさしい脱毛マシンを導入し、脱毛後は手厚いケアを行ってくれるため、肌が弱い方にもおすすめです。

「カミソリなどを使うと、赤みやヒリつきが出てきてしまう」という方は、脱毛サロンに通ってみてはいかがでしょうか。

VIO脱毛の2つのデメリット

  1. 痛みが強い
  2. 見られるのが恥ずかしい

痛みが強い

VIOラインの脱毛は、ほかの部位の脱毛と比べて、痛みが強くなっています。脱毛マシンの光は色が濃いものに反応するので、毛が濃いVIOラインにも強く反応してしまうのです。

VIOラインの痛みは「輪ゴムが肌の上で弾かれている」と表現されます。私は「針でチクチクと刺されている」ように感じました。最初、光をあてたときは、痛みの強さが想像以上だったので「イタッ!」と声に出してしまいました・・。しかし、「痛みに耐えればツルツルの肌が手に入る」と必死に堪えたのを覚えています。

脱毛初心者の方は、VIO脱毛の痛みに不安を感じるかもしれません。しかし、脱毛サロンのスタッフに痛いと告げれば、光の強さを調整してもらえます。そのため、安心してくださいね。

また、脱毛は回数を重ねるごとに毛が薄くなります。1回目の脱毛が耐えられれば、痛みは軽減していきますよ。

見られるのが恥ずかしい

VIOラインは普段、人にまじまじと見られることはないですよね。IラインとOラインに限っては、自分でも見たことないくらいですから・・。

しかし、脱毛サロンでの脱毛は、セルフケアではないため、スタッフに見られてしまいます。ほとんどの人が「恥ずかしいから嫌だ」と感じるでしょう。

しかし、脱毛サロンのスタッフは、毎日多くの人のデリケートゾーンを見ています。特別あなたのデリケートゾーンを気にしているわけではないのです。そのため、恥ずかしがる必要はありません。

VIO脱毛とは違う?ハイジニーナ脱毛とは?

VIO脱毛とは違う?ハイジニーナ脱毛とは?「VIO脱毛」はよく聞きますが、「ハイジニーナ脱毛」という脱毛もあります。どちらもデリケートゾーンの脱毛です。では、VIO脱毛とハイジニーナ脱毛、この2つはどのような違いがあるのでしょうか。

ハイジニーナ脱毛とは、アンダーヘアをすべて脱毛して、まったく毛がない状態にすることです。Vラインも含めたすべての毛を処理します。ハイジニーナ脱毛には、VIO脱毛よりも蒸れにくく、衛生的なデリケートゾーンを保てるメリットがあります。

VIO脱毛は、一部の毛を残した脱毛方法です。Vラインを「卵型」「逆三角形型」「ハート型」など、好みのデザインにできます。「アンダーヘアをすべて処理するのは恥ずかしい・・」という方は、VIO脱毛を選びましょう。

VIO脱毛の施術前の注意点とは?

VIO脱毛の施術前の注意点とは?VIO脱毛には、注意しておくべきことが4つあります。

  1. VIラインの自己処理は慎重に行う
  2. Oラインの自己処理は脱毛サロンスタッフに任せる
  3. Vラインのデザインを整える
  4. 生理日を避けて予約する

注意点を守りながら、安全な脱毛を行ってくださいね。それぞれ説明していきます。

VIラインの自己処理は慎重に行う

VIラインは、事前に自己処理をしておく必要があります。特にIラインは肉眼で見えないので、自己処理には危険を伴います。

もし「難しい」と思ったら、ケガを防ぐためにも脱毛サロンのスタッフにお任せしましょう。ケガをすると、その部分だけ施術が受けられなくなってしまいます。

Oラインの自己処理は脱毛サロンスタッフに任せる

Oラインは、自分で見られない上に複雑な形をしています。そのため、自己処理をしてしまうと、ケガをする恐れがあり危険です。Oラインを安全に脱毛するためにも、事前の処理は脱毛サロンのスタッフにお任せしてくださいね。

脱毛サロンによってルールは違いますが、私が通っていたサロンでは、衛生面を考慮して「電動シェーバー」を持参する必要がありました。持ってくるのを忘れてしまったらOラインの施術ができなかったので、事前に「持ち物はあるか」「Oラインの処理はどうするべきか」を確認するといいでしょう。

Vラインのデザインを整える

Vラインの形を整えたい方は、自己処理の段階でデザインを作りましょう。そうすることで、イメージしている形をスタッフに伝えやすくなります。

脱毛サロンにもよりますが、イメージを伝えることで、スタッフが整えてくれる場合もあるそうですよ。

生理日を避けて予約する

生理中は、VIOラインの脱毛ができません。なぜなら、衛生的に良いとはいえず、施術中に経血が出たら困ってしまうからです。

また、ホルモンバランスが乱れがちなため、肌トラブルを招く確率も高くなってしまいます。そのため、生理周期を確認しながら予定日を避けて予約しましょう。

VIO脱毛なら!おすすめサロン3選

VIO脱毛なら!おすすめサロン3選VIO脱毛にはメリットがたくさんありますが、一方でデメリットもあります。それぞれをよく理解して、VIO脱毛をするか判断しましょう。

よく考えた上で「VIOを脱毛したい!」と思った方に、おすすめのサロンを3つご紹介します。気になる金額も比較しましたので、参考にしてくださいね。

 項目 ミュゼプラチナム アリシアクリニック ディオーネ
コース名 ハイジニーナ7
VIO脱毛コース
(レギュラープラン)
VIO脱毛セット
(スムース)
semiハイジニーナコース
金額(税抜) 72,000円 85,900円 96,000円
回数 4回 5回 12回

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムのVIO脱毛は、「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」と呼ばれています。トライアングル上・トライアングル下・Vライン上・Vライン・Iライン・Oライン(ヒップ奥)・へそ下の7部位が対象になった脱毛コースです。

コース名にハイジニーナとありますが、すべての毛を脱毛する必要はありません。脱毛したい部位や範囲をスタッフに告げてから施術していく流れです。

そんな「ハイジニーナ7 VIO脱毛コース」の金額は、4回で72,000円(税抜)です。特典として両ワキの美容脱毛完了コースも付いています。

ミュゼ公式サイト

アリシアクリニック

アリシアクリニックのVIO脱毛は、「VIO脱毛セット」と呼ばれています。その中で「ビューティー」「スムース」という2つのコースに分かれています。「ビューティー」は専用のプレートを合わせて照射していくため、広範囲にわたって施術したい方は「スムース」がおすすめです。

そんな「VIO脱毛セット」の金額は、「スムース」で5回85,900円(税抜)です。「ビューティー」であれば5回61,900円(税抜)です。

アリシアクリニック公式サイト

ディオーネ

ディオーネのVIO脱毛は、強酸性水で殺菌・消毒してくれるのが特徴です。施術できる部位は、ビキニVライン上部・ビキニVラインサイド・ビキニIライン・Oラインです。

施術が可能な範囲は、ミュゼプラチナムやアリシアクリニックと比べて少ないですが、安い金額で脱毛できます。12回で96,000円(税抜)なので、1回あたり8,000円です。「Vラインの形を整える程度でいい」という方にはお得なプランでしょう。

ディオーネ公式サイトはコチラ

脱毛サロンに通ってキレイなVIOラインを手に入れよう!

脱毛サロンに通ってキレイなVIOラインを手に入れよう!VIOラインを脱毛すれば、デリケートゾーンの悩みもなくなるでしょう。水着も自信を持って着こなせるはず!安全に施術できるので、脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。

私も以前は、VIOラインを自己処理していましたが、ケガしたりヒリついてしまったり、トラブルは絶えませんでした・・。しかし、今では処理する必要はなし。普段の日だって生理中だって、とても楽に過ごせています。

ぜひ、脱毛サロンに通って、きれいなVIOラインを手に入れてくださいね。脱毛が不安な方は、無料カウンセリングを受けてみましょう。

新店舗