脱毛

ニードル脱毛は永久脱毛って本当?脱毛方法やおすすめの脱毛箇所をご紹介

妊娠したときの脱毛サロンやクリニックの反応は?

ニードル脱毛を行っている医療機関が少ないなか、TBCは現在もニードル脱毛を求める方で人気です。

  • 脱毛が終わっているのに毛がしぶとく生えてくるからどうにかしたい
  • 脇など処理の面倒な箇所は確実に毛をなくしたい
  • 終わりのある脱毛がしたい

このような希望がある方は、TBCのニードル脱毛である「スーパー脱毛」を検討してみましょう。

永久脱毛だと言われているレーザー脱毛でも、ホルモンバランスの乱れで毛が生えてきてしまうことがあります。

また、レーザーを当てられない箇所もあるので、その部分は毛が残っている状態で気になりますよね。

光脱毛は、毛乳頭にダメージを与えることで抑毛・減毛する方法です。

永久脱毛ではないので、再び毛が生える可能性はもちろん残っています。

ニードル脱毛は、メラニン色素に関係なく永久脱毛ができるのでレーザー脱毛と光脱毛で満足できなかった方におすすめです。

今回は、ニードル脱毛の方法や痛み、金額、期間、TBCの脱毛方法などをご紹介します!

>>一生涯メンテナンス保証してくれる<<
>>今なら2か月間0円スタートキャンペーン実施中<<

シースリー公式サイトへ
https://c-3-esthe.com/

ニードル脱毛とはどんな脱毛方法なの?

痛いの?効果はある?ニードル脱毛のメリット・デメリット

現在、脱毛は大きく分けて3種類存在しています。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

あなたに馴染みのある脱毛は、光脱毛とレーザー脱毛ですね。

ニードル脱毛は、光脱毛とレーザー脱毛が主流になるまでは王道の脱毛方法でした。

今は、光脱毛とレーザー脱毛が主流となっていますが、脱毛効果の高さから、現在も根強い利用者が存在しています。

ニードル脱毛とは、針を毛穴に刺し電流を直接流して毛根を破壊して脱毛をする方法

直接針から電流が流れるため、痛みや炎症を引き起こす可能性が高く利用者が離れてしまう原因になっていました。

現在は、絶縁針という熱を感じない針を使用したり、麻酔を利用したりと様々な改善がされています。

また、確実に毛を1本1本なくせる脱毛は光脱毛とレーザー脱毛ではなく、ニードル脱毛です。

光脱毛とレーザー脱毛では満足できないという方は、痛みなどあると分かっていながらも「TBC」などで受けられるニードル脱毛なら満足できる脱毛が可能です。

日焼けやメラニン色素の濃い部分でも施術ができるので、上手に使い分けて脱毛をしている方もいます。

セルフ脱毛は面倒!ある程度の効果と安さで選ぶなら「光脱毛」
脱毛するなら日焼けはNG!日焼け肌が脱毛できない3つの理由と対処法脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛中に、日焼けをしていると施術を断られてしまうケースが多くなっています。 せっかく予約当日に訪れて...

光脱毛とレーザー脱毛が全盛期の現在もニードル脱毛を支持している方が多いのは、きちんとした理由があるということですね。

  • 1本1本確実に脱毛したい!
  • 色素沈着している部分の脱毛がしたい!

このような希望がある方は、ニードル脱毛も視野に入れて検討してみましょう。

ニードル脱毛と光脱毛・レーザー脱毛の違いをもっと詳しく

現在、国内で行われている代表的な脱毛方法のレーザー脱毛と光脱毛と、ニードル脱毛のそれぞれの違いを表にしてみました。

脱毛種類脱毛の効果痛み方法金額場所
ニードル脱毛永久脱毛
脱毛の中では1番効果が高い。
痛い針を毛穴に刺して電流を流す。
毛乳頭を破壊する。
1分250円~5分3,000円など幅広い設定。
TBCは1本単価。1本108円~。
高額。脇脱毛だけで10万円超えることも。
・医療クリニック
・TBC
医療クリニックも今はほとんどレーザー脱毛のみになっている。
レーザー脱毛永久脱毛
ニードル脱毛に次いで効果が高い。
脱毛箇所やレーザーの種類によっては痛いレーザーを脱毛箇所に当てる。
毛乳頭を破壊する。
脇脱毛のみだと8回19,800円などニードル脱毛に比べると安い。医療クリニックのみ
光脱毛抑毛・減毛
永久脱毛ではないが毛が生えることがほとんどないくらいまでは効果を得られる。
ほとんど痛くないレーザーとは異なる光を脱毛箇所に当てる。
毛乳頭にダメージを与えられるが、破壊はできない。
脇脱毛のみだと通い放題100円の脱毛サロンもあるほど安い。・脱毛サロン
・総合エステサロン

どのような脱毛を希望しているのかで、今後の脱毛方法を考えていくと後悔することのない脱毛ができるでしょう。

ニードル脱毛は、脱毛の最終手段として考えるのもおすすめです。

  • 全身脱毛をレーザー脱毛もしくは光脱毛でやったけれど数本残っている
  • 産毛の脱毛の効果がなかなか出ない

このような悩みや希望がある方は、1度ニードル脱毛を検討してみる価値はあります。

レーザー脱毛と光脱毛で効果が出なかった部分も、ニードル脱毛ならピンポイントで施術するので効果を発揮しますよ。

ニードル脱毛が向いている部位はどこ?

ニードル脱毛は、全身脱毛には残念ながら向いているとは言えません。

毛穴1つ1つに針を刺し、電流を流すので気が遠くなるくらい時間がかかることや、費用も高額になりがちだからです。

多くの方は、部分脱毛か全身脱毛を光脱毛やレーザー脱毛で施し、残った産毛や数本の毛にニードル脱毛を取り入れています。

ニードル脱毛におすすめの部分脱毛の箇所はこのような部分です。

  • 乳輪周り、IOラインのような色素の濃い部分
  • 眉毛のような細かい部分
  • ほくろやタトゥーの部分

脇は、範囲が狭く2度と毛が生えてきてほしくない箇所になります。

昔から、女性の脱毛と言えば脇脱毛というくらい、脇毛の処理は当たり前かつ面倒なもの。

ニードル脱毛で脇毛の処理をした女性たちは「痛かったけれど、やって良かった!」という感想を持つ方がほとんどです。

また、乳輪周りやIOラインといった他の部分よりも色素が濃い部分にも、ニードル脱毛がおすすめです。

メラニン色素に反応する光脱毛とレーザー脱毛だと、施術を断られてしまうこともあります。

乳輪の内側に生えている毛に関しては、光脱毛とレーザー脱毛だと施術ができません。

ニードル脱毛なら、色素の濃い部分や光脱毛とレーザー脱毛だと脱毛できない部分も、問題なく脱毛ができますよ。

ニードル脱毛の効果は?永久脱毛って本当?

こんなに種類がある!ニードル脱毛

光脱毛とレーザー脱毛の場合は、事前にムダ毛の自己処理をした状態で施術を行います。

一方、ニードル脱毛は、毛を生やした状態で施術を行います。

毛の流れに沿って針を入れるので、生えた状態でないと施術が難しいからです。

そのため、初回は5mm~1cmくらい毛を延ばしておくようにと指示があります。

2回目以降は、3mm前後でも問題ありません。

光脱毛とレーザー脱毛は、施術をしてから2週間程度経過して毛が生えてくる時期に効果を実感できることがほとんどです。

しかし、毛が生えた状態で脱毛をするニードル脱毛は、施術が終わった段階で毛がなくなるので、脱毛効果をその場で実感できるところが人気であり、安心するポイントになります。

※参考:日本医学脱毛協会「絶縁針脱毛の症状写真」より

そして、ニードル脱毛は毛が成長するために必要な、毛母細胞・毛乳頭などがある毛根部分を破壊します。

毛の成長器官を破壊することで、成長することができなくなり今後生えてくることはありません。

これは光脱毛とレーザー脱毛も一緒ですが、ニードル脱毛が1番効果の高い脱毛になります。

※参考:日本医学脱毛協会「知っておきたい永久脱毛Q&A|絶縁針脱毛編」より

このようなことから、しっかりとした永久脱毛がしたい箇所にはニードル脱毛がおすすめです!

永久脱毛なら医療行為にあたるのでは?

毛乳頭を破壊する永久脱毛は、医療行為にあたります。

そのため、医師免許のない脱毛サロンのスタッフは抑毛をすることを目的とした光脱毛しか扱えず、毛乳頭を破壊するレーザー脱毛・ニードル脱毛は医療クリニックでの施術になります。

すなわち、永久脱毛であるニードル脱毛は、医師免許が必要な医療行為にあたるということです。

TBCは今でもニードル脱毛を実施している

しかし、TBCでは昔も今もニードル脱毛が行われているのはなぜでしょうか?

まず、TBCのニードル脱毛は、医療クリニックで受けられるニードル脱毛に比べて電流が弱く設定されています。

光脱毛がエステサロンで行えるのと同じように、電流が弱いことから医療行為には該当しないとされているということです。

電流が弱い分、電流を流す時間が医療クリニックよりも長くなるので、脱毛時間も長くなります。

場所エステサロン医療クリニック
種類ニードル脱毛絶縁針脱毛
脱毛効果の表現2度と生えてこない
終わりのある脱毛
永久脱毛
痛み×
絶縁針に比べると痛みはある

熱など感じにくいが全く痛みがないわけではない
麻酔×
医療行為なので麻酔はできない

どうしても痛みが我慢できない場合麻酔ができる
金属アレルギー
金属アレルギーの出にくい、チタンやゴールド表面加工しているものを使用できるので安心
×
ステンレス製なので、金属アレルギーを引き起こす可能性がある

もう1つ挙げられるのは針の種類です。

医療クリニックでは「絶縁針」という熱や痛みを軽減してくれる針を使用しています。

一方で、TBCなどのエステサロンでは「絶縁針」は使用できません。

正確に言うと、医療クリニックは「絶縁針脱毛」でエステサロンは「ニードル脱毛」となり種類が異なります。

ニードル脱毛は、絶縁針に比べて痛みが強いこと・麻酔が使用できないことが大きな違いです。

しかし、金属アレルギーのある方はステンレスを使用している「絶縁針」の施術が難しいケースがあります。

その場合は、チタンやゴールド加工している針を選べるニードル脱毛、光脱毛もしくはレーザー脱毛を選ぶ必要性が出てくるので、カウンセリング時に相談しましょう。

また、TBCでは毛乳頭の破壊ができるということを謳ってはいません。

「終わりのある脱毛」「2度と生えてこない」というような表現をしています。

永久脱毛と謳っていないだけで、行っている脱毛方法としては永久脱毛ができるものとして考えても大丈夫です。

この少しの差で、TBCのようなエステサロンでもニードル脱毛が受けられているということです。

ニードル脱毛をするメリットとデメリットを知ろう

確実に脱毛したいならニードル脱毛がおすすめ!

ニードル脱毛なら、ムダ毛の心配をする必要がなくなると喜ぶ方も多いのですが、やはりメリットもあればデメリットもあります。

メリットとデメリットを理解した上で、ニードル脱毛をするか考えてみましょう。

ニードル脱毛の3つのメリット

ニードル脱毛は、レーザー脱毛と光脱毛とは方法が違うためメリットもこれらが脱毛できない部分への施術ができることが大きくなります。。

  1. 色素の濃い部分でも脱毛可能
  2. 白髪などの色素の薄い毛も脱毛可能
  3. 脱毛効果がレーザー脱毛と光脱毛よりも高い

日焼け、地黒、IOラインなどの色素沈着、乳輪など、レーザー脱毛と光脱毛では脱毛をできない部分もニードル脱毛は問題なく行えます。

メラニン色素に関係なく施術が可能ですから、白髪や色素の薄い毛でも問題ありません。

メラニン色素に関係ないということは、タトゥーやほくろにある毛も脱毛できるということです。

タトゥーやほくろにある毛に関して悩んでいる方は、ぜひニードル脱毛を試してみてくださいね。

ニードル脱毛の5つのデメリット

脱毛効果が高い分、痛みや金額に関係するデメリットが発生してきます。

  1. 痛みが強い
  2. 時間がかかる
  3. お金がかかる
  4. 肌トラブルとの隣りあわせ
  5. 毛を伸ばしておく必要がある

毛の生えている毛穴1つ1つに針を刺して電流を流すので、痛みの感じ方はレーザー脱毛と光脱毛とは異なるものです。

電流を流すたびに、チリっという熱を施術が終わるまでずっと繰り返し感じます。

幹部を冷やしながら施術を行いますが、それでも熱により肌トラブルが引き起こす可能性はなくなりません。

肌の赤み、火傷、毛嚢炎、ピリピリとした痛み、腫れ、むくみなどが代表的なニードル脱毛の肌トラブルです。

アフターケアを行うことで改善されたり、予防ができたりするので、脱毛後に幹部を放置することは避けましょうね。

また、ニードル脱毛は時間単位もしくは本数単位で施術を行うので、レーザー脱毛と光脱毛に比べると時間が多くかかりがちです。

例えば、医療クリニックの絶縁針脱毛の場合、5分間で3,000円という計算の仕方となります。(参考:渋谷皮フ科医院「絶縁針(ETL)脱毛」より)

ちなみに、1分間で処理できる毛の量は10~13本なので、5分間だと50本程度ということになります。

実は人間の脇だけで50~200本近くの毛があります。

これは個人差があり、しかも目に見えている毛が全て脱毛効果を発揮する成長期の毛とは限りません。

皮膚の下に隠れている毛がどのくらいあるのかは分からず、200本の脱毛をしたから脇脱毛完了とは残念ながらなりません。

仮に、200本の脱毛をするとしたら、3,000円×4回(5分×4回=200本)=12,000円になります。

今、エステサロンによっては光脱毛なら100円で脇脱毛ができる時代です。

この金額はやはり高額だと感じますね。

それでも、脱毛効果が1番高いということで通い続ける方が多くいるのも現実です。

ニードル脱毛のメリットがデメリットを超え、魅力的に見える方がそれだけ多いということになります。

忘れがちなデメリットの1つに、毛を伸ばすというものがあります。

ニードル脱毛は、毛の流れを見て施術を行うので施術時には2~3mm程度の毛が必要です。

冬場などは洋服で隠れますが、夏場だと露出も増えるので少し困ります。

施術する日に伸びていればいいだけなので、少し工夫をして乗り切りましょう。

ニードル脱毛をするならTBCがおすすめ!

ニードル脱毛ができるサロンはここ!おすすめサロン紹介

TBC」は創業40周年以上経っている、老舗の大手エステサロンとして有名ですね。

メンズTBCもあり、男女共にエステや脱毛を受けられるのでとても人気のエステサロンとなります。

TBCは、1,000円でニードル脱毛の体験ができるので、ニードル脱毛が初めての方でも気軽に試せるところがおすすめポイント!

また、TBCのニードル脱毛に使われている針は、滅菌がしてある使い捨てのものになっているので衛生面でも安心できますね。

ニードル脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛に比べると技術力が必要な脱毛方法です。

そのため、TBCでは「認定美容脱毛エステティシャン」の資格を取得したエステティシャンが施術を担当しているので安心して任せられます。

TBCのニードル脱毛がおすすめなのはこんな人

TBCのニードル脱毛を特におすすめしたいのはこのような方です。

  • ニードル脱毛を希望しているけれど、痛いのは嫌だ
  • 金属アレルギーがあるからニードル脱毛は不安
  • ニードル脱毛をしているクリニックが近所にない

TBCのニードル脱毛は、医療クリニックや普通のニードル脱毛と針の先端が異なります。

ニードル脱毛の針は、注射針のように先端が尖っているので、刺すときの痛みが強いです。

TBCの場合、独自で開発し特許も取得した「プローブ」という、先端が丸くなった機器を毛穴に入れて電流を流します。

先端が丸いので、通常のニードル脱毛や絶縁針の脱毛に比べて痛みが少ないのが特徴です。

電流を流す時間も、3~6秒ととても短いので負担が軽減されます。

また、プローブは金属アレルギーが出にくいとされているチタン加工がしてある機器なので、アレルギー反応に不安がある方でも安心して行えます。

現在、医療クリニックもレーザー脱毛が主流となっており、なかなかニードル脱毛をしているところが近所に見つからないという方も少なくありません。

その点、TBCは全国展開しているエステサロンです。

数少ないニードル脱毛をしてくれる医療クリニックを探すよりも、近くのTBCを探す方が早く脱毛を開始できるのでおすすめですよ。

TBCのニードル脱毛の料金はどのくらいかかる?

TBCのニードル脱毛は「スーパー脱毛」という名称で行われていて、時間単位ではなく1本単価の設定です。

コースビジター料金メンバー料金
プレーンゾーン1本 130円1本 108円
デリケートゾーン1本 143円1本 119円

まず料金の違いが気になる、ビジターとメンバーの違いを説明しますね。

メンバー

入会金12,960円、入会事務手数料3,240円を支払うことで、TBC全てのコースをメンバー料金で行えます。

スーパー脱毛の1本単価が20%OFFになるのはお得です。

100本の脱毛で考えると

  • ビジター料金:130円×100本=13,000円
  • メンバー料金:108円×100本=10,800円
  • 差額:2,200円

これが、200本になると差額4,400円、300本になると6,600円と、本数が増えれば増えるほど差額も大きくなります。

そして、メンバーになるとスーパー脱毛専用オプションの料金も安くなります。

脱毛前後のスキンケアを行ってくれるので、脱毛効果を高めるだけでなく肌トラブルの予防もしっかりとプロに行ってもらえるのが嬉しいですね。

ビジター

メンバーは、入会金や入会事務手数料がかかりますが、ビジターはそれらの料金がかからずコースを受けられます。

その分、割引や特典がないので全体的に支払金額が高くなる可能性があることを忘れずに。

例えば、入会金12,960円、入会事務手数料3,240円を支払うと総額16,200円。

スーパー脱毛を800本やると

  • メンバー:108円×800本=86,400円
  • ビジター:130円×800本=104,000円
  • 差額:17,600円

入会金と入会事務手数料の金額を超えていることが分かりますね。

ここからさらに本数が増えれば、ビジターの脱毛料金が高くなるということです。

毛は、意外と自分では想像していない量が生えています。

想定外の出費も考えられるので、先のことを考えるとメンバー入会しておくと安心です。

脱毛コースは、プレーンゾーンとデリケートゾーンの2つに分かれています。

プレーンゾーン
ビジター:130円
メンバー:108円
デリケートゾーン
ビジター:143円
メンバー:119円
両脇

乳輪
お腹
へその周り
両ひじ上下
背中
ヒップ
両ひざ上下
両ひざ
トライアングル(ショーツ内側の正面逆三角形の箇所)
Vライン
Iライン
Oライン
ひたい(ひたい全体・こめかみ)
眉(眉上下・眉間)
ほほ
アゴ(アゴの正面)
鼻下(上唇の口角まで)
アゴの裏から首
襟足(生え際~方のライン)
両手足の甲と指

希望箇所がどちらに含まれているかで、料金も変わるので確認しておきましょう。

脱毛完了までの回数は?

TBCのスーパー脱毛は、脱毛開始1回目から3回目くらいまでは2カ月に1回の間隔で通います。

ニードル脱毛もレーザー脱毛と光脱毛と同じで、毛周期に合わせて施術を行うので、あまり早すぎると脱毛効果が発揮できません。

TBCで脇のスーパー脱毛をした方の写真を見てみましょう。

7回目辺りから毛量が減っているのが確認できますね。

終了時期は、個人差があるので人それぞれです。

2カ月に1回ペースで通うと7回目で1年2カ月くらいが経過していることになります。

毛量によっては、7回目の施術後にはだいぶ毛がなくなっている方もいますね。

個人差はありますが、1年くらいでツルツルになったという方もいます。

レーザー脱毛も1年くらいで終わる方が多く、光脱毛なら2年以上必要になる方も珍しくありません。

レーザー脱毛も同じくらいの期間が必要なら、再度毛が生えることのないスーパー脱毛を選ぶという方がいても当然ですね。

TBC公式サイト

ニードル脱毛を施したらアフターケアをしっかりとやろう

ニードル脱毛は、レーザー脱毛と光脱毛に比べると、肌トラブルが出やすい脱毛方法なので、アフターケアはしっかりと行いましょう。

TBCなら、オプションでしっかりとしたアフターケアをスタッフが行ってくれるので安心です。

ニードル脱毛では、赤みと腫れが出やすくなっています。

帰宅後、脱毛箇所に赤みや腫れが出ていたらしっかりと冷やしましょう。

小さな保冷剤などを使用すると、効率良く冷やせるのでおすすめです。

また、保湿も併せてしっかりと行いましょう。

脱毛後の肌は乾燥しているだけでなくとてもデリケートな状態です。

化粧水、ボディクリームなどで保湿をして肌を外部の刺激から守ってあげましょうね。

まとめ

ニードル脱毛は、ひと昔前の脱毛方法だと思われがちです。

しかし、現在日本で行われているレーザー脱毛、光脱毛よりも効果が高いのはニードル脱毛となります。

毛穴1つ1つに針を刺し電流を流すので、いきなり全身脱毛にニードル脱毛を選ぶのはおすすめできません。

例えば

  • 脱毛完了したのに、しぶとく毛が数本生えてくる
  • 脇だけはしっかりと永久脱毛がしたい
  • ほくろやタトゥーの毛が気になる
  • 眉毛など細かい部分の脱毛をしたい

など、ニードル脱毛ならではの活用方法がおすすめです。

TBCは、1000円でニードル脱毛が体験できるので、初めて行う方でも気軽に始められます。

医療クリニックも、現在はレーザー脱毛が主流になっているので通えるところを探すのに時間がかかることでしょう。

TBCなら、全国展開しているので通いやすいところに足を運んでみてくださいね。

ぜひ、ニードル脱毛を上手に活用してムダ毛0の肌を目指しましょう。

新店舗