水着を着る前には毛の処理を!どうするのが一番きれいに見える?

あなたにとって最適な全身脱毛の回数やプランを見つけて

夏と言えば海、プール!そのような時に気になるのが、毛の処理、特にアンダーへアの処理ですよね。

前に海に行った時に、友人のうち1人の水着から毛が飛び出しているのを目撃してしまい、とても気まずかったのを覚えています。

友人には結局、言い出しにくく何も言えませんでした。

水着を着る時の毛の処理について、デリケートな部位名だけあって、誰かに相談することもできません。分からないことばかりですよね。

そこで本記事では、水着を着る時に知っておきたい、水着をキレイに着こなすための毛の処理の方法について詳しくご紹介します。

手頃な月払いで全身脱毛を始めよう
水着や下着のときに「股間の部分がなんだかもっこりしている・・」と感じることありませんか? もしかしたら、人によってはいつも「もっこりして嫌...

INDEX

水着からのはみだしはNG!今更聞けないアンダーヘア処理の基本

水着からのはみだしはNG!今更聞けないアンダーヘア処理の基本
水着を着る時にすべき毛の処理は簡単!以下の2つです。

・アンダーへアの形を整える
・アンダーへアの長さを整える

陰部に生えている毛を「アンダーへア」と一言で言いますが、そもそもアンダーへアとは何なんでしょうか?

脱毛業界では、アンダーへアをⅤゾーン・Iゾーン・Oゾーンの3か所に分けています。

Ⅴゾーン:正面から見た時のトライアングルゾーン(三角部分)です。股上が浅めの下着を着る時にムダ毛が飛び出してしまうこともあり、普段からお手入れをしておきたい箇所でもあります。

Iゾーン:女性の性器周辺を覆う下着に隠れる部位です。水着ではIラインの面積が小さいものも多いので、Vゾーンとともに、しっかりとお手入れする必要があります。

Oゾーン:肛門周りを意味します。自分ではほとんど見えないので気になりませんが、毛が生えている女性も多い部位です。

水着のなかでもTバックに近いデザインのものを着る予定の方は要チェックです!

このようなVIOゾーンの毛を、ハサミ・電気シェーバー・ヒートカッターなどを使用して水着からはみ出さないような形状に整えます。

さらに水着から毛が飛び出したり、もっこりとしたりすることがないように長さを整えていくのが「アンダーへアの処理」です。

痛みは強いの?サロンでアンダーヘア脱毛した私が本音で口コミ!
「VIOラインの毛が濃くて恥ずかしい」「ショーツからアンダーヘアがはみ出してしまう」など、デリケートゾーンのムダ毛に対する悩みは尽きません。 ...

みんなはどんな形にアンダーへアを整えているの?人気の形を紹介

アンダーヘア定番のデザイン

アンダーヘア定番のデザイン(出典:脱毛ラボ公式HPより)

アンダーへアを整えるのは、そんなに珍しいことじゃ無いんです。LCコスメの「教えて!みんなのアンダーヘアケア」調査では、女性の90%が何等かのお手入れをしているという結果が報告されています。

そこで気になるのが、「どんな形にお手入れしているのか」という点ですよね。中でも人気の形をご紹介します!

逆三角形(トライアングル)

最も人気のデザインです。見た目が自然に仕上がるので、多くの女性から支持を集めています。

可愛いショーツを履きこなせるように、小さ目の逆三角形デザインにする女性も多いようです。

卵型(オーバル)

Vラインを卵型に整えた女性らしい、柔らかいデザインです。逆三角形についで人気のデザインで、男性からの支持も高いんですよ。

Iライン

海外ではメジャーなデザインです。隠したい部分だけ隠れるので、きわどい水着を着る際にも、毛のはみ出し毛を防ぐことが出来ます。

Uライン

ある程度アンダーへアを残したい…、という方に人気のデザインです。大き目のU字にしてしまうと水着から毛がはみ出すこともあるので、水着のトライアングルゾーンの大きさを考えてデザインしましょう。

その他…ハート型

ハート型、星型など、デザインは幾らでもできます。ハートや星型は見た目にも可愛いので若い女性に特人気のデザインです。

ただ、ムダ毛の残る範囲が多くなるので、小さ目のハート・星にしないと水着から毛がはみ出す可能性があります。

アンダーヘアの処理を自宅で処理したい!気を付けるべき点は?

アンダーヘアの処理を自宅で処理したい!気を付けるべき点は?
アンダーへアの形が決まったら、早速キレイに整えて行きましょう。

サロンで行う方法、自宅で行う方法の2通りがありますが、ここでは、自宅で処理する方法について詳しくご紹介します。

自己処理の手順と方法

自分で処理する時にはどのようなものをそろえてどのような手順で行えばよいのか、ご紹介します。

用意するもの

・ハサミ
・電気シェーバー(顔用のシェーバーやデリケートゾーン専用のシェーバーも可)
・ヒートカッター

手順

  1. まずは水着を着用して、不要な毛の部分を確かめます。
  2. 剃る部分の長い毛はハサミでカットし、前処理をしておきます。
  3. シェービングをすると肌に負担をかけるため、ワセリンなどの保湿クリームを薄く剃る箇所に塗ります。
  4. 蒸しタオルを数分あてて、毛穴を開き、毛を柔らかくします。
  5. 電気シェーバーで必要な箇所を剃り、処理しましょう。
  6. 残した毛は、長いようであればハサミである程度カットし、ヒートカッターで7mm前後の長さに切りそろえて行きます。コームが付いているので、同じような長さに仕上がり、焼き切るので毛の先がとがらずチクチクしません。
  7. 最後にワセリンなどを塗り、お手入れをした箇所をしっかり保湿しましょう!

※ヒートカッターが直ぐに用意出来ない方はハサミでも長さは整えられます。ただし、毛先が尖るので水着から飛び出しやすく、またチクチクしやすいのであまりおすすめできる処理方法ではありませ

ワックス・毛抜き・除毛クリームはNG!

アンダーへアの処理にワックス・毛抜き・除毛クリームを使っているという方!少し注意が必要です。このようなケアを続けていると、後悔する結果になるかもしれません。

ワックス処理する際には毛とともに角質まで一気に引きはがします。毛を抜く際には皮膚も引っ張られ、毛穴をこじ開けるようなものなので細菌が侵入しやすくなります。除毛クリームは毛を溶かすほど強力なものですから、肌への刺激は相当強いものです。

このような肌ダメージが蓄積すると、体の防御反応でメラニンが過剰に発生し、黒ずみに発展することもあります。人によっては、炎症を起こして赤くなる、痒くなるなどの皮膚炎に発展する可能性もあります。

ちなみに、私は過去に除毛クリームを使用しましたが、使用している途中に肌が痒くなり、そのあと赤くなった経験があります。もともとアレルギー体質だったのに使ったのがいけなかったのかも知れません。

肌の弱い人はワックス・毛抜き・除毛クリームの使用に慎重になった方がよいと思います。

気を付けて!セルフケアだと陰部が黒ずむケースもある!

水着を美しく着こなすべく、上記でご紹介した自宅で行うアンダーへアの処理方法をご紹介しましたが、どんな方法で自己処理をしたとしても肌ダメージは免れません。

それは、シェーバーを使用すると、どうしても刃が皮膚に触れてしまいます。ワックス・除毛クリームなども同様に肌にとって刺激になります。

すると、肌を守ろうとメラニンが過剰発生してデリケートゾーンが黒ずむ結果に繋がったり、肌が厚くなりごわついた肌質になったりします。デリケートゾーンをキレイに整えるためのケアが、これでは本末転倒ですよね。

そこでおすすめしたいのが、「脱毛サロン」「美容クリニック(医療機関)」での脱毛です

デリケートな部位はエステサロン・医療機関での脱毛がオススメ!

デリケートな部位はエステサロン・医療機関での脱毛がオススメ!
水着を着こなすために、毛の処理をするならば、エステサロンや美容クリニック(医療機関)での脱毛がおすすめです。

光やレーザーを照射して、毛根にダメージを与えて脱毛させる方法なので、シェービング・ワックス・除毛クリームを使用した方法と比べると、肌へのダメージを減らすことができます。

エステサロン・美容クリニックでの脱毛のメリットを列挙してみると…

脱毛の度にお肌がキレイになる

例えば、レーザー脱毛を選択した場合、コラーゲンやエラスチンを形成する真皮層にある「綿維芽細胞」を活性化させ、肌にハリと艶を感じられるようになります。

光脱毛の場合には、光がメラニンに働きかけるので、シミ・そばかす・黒ずみの解消に役立ちます。

黒ずみリスクを減らすことができる

前述した通り、肌ダメージを抑えることができるので、黒ずみリスクを軽減します。

水着を着る時にも小股部分の黒ずみが気になる…という事がなくなりますよ。

繰り返し自分で処理する必要がなくなる

脱毛を繰り返すうちに、毛が細くなり自分で処理するのが楽になるだけでなく、最終的には毛がほとんど生えてこなくなり、処理の必要がなくなります。

※永久脱毛ができるのは美容クリニック(医療機関)での脱毛のみです。脱毛サロンでは半永久脱毛に留まります。

あなたはどっち?光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛サロンやクリニックでの脱毛方法として、光脱毛とレーザー脱毛の2種があります。それぞれの特徴と違いを表にまとめてみました。

 項目 光脱毛 レーザ脱毛
特徴 照射する光に複数の波長が含まれていて、出力が一定に制限されています。比較的安全に使用することができるので、医療機関ではない脱毛サロンで使用されています。 単一の波長で集中的に熱を集めて照射します。照射威力が強く、一歩間違えれば火傷をする可能性も…。そのため、使用できるのは美容クリニックなどの医療機関のみとなります。「医療脱毛」とも呼ばれています。
脱毛威力の違い ★★★ レーザーに比べると効き目は弱く、光脱毛を繰り返しても「毛が無くなる」ことはありません。毛を薄くして自己処理を楽にしたり、自己処理の必要がない程度の毛の薄さにしたりすることを目的とした場合に有効です。半永久脱毛「不再生脱毛」に留まります。 ★★★★★脱毛威力は強く、数回のレーザー照射で毛が薄くなったと感じる方も多いです。続けると永久脱毛ができます。
痛みの違い ★★★安全に使える装置ということもあり、レーザーに比べると痛みは少なめです。ただし、アンダーへアはわき毛と同様、しっかりとした毛が生えているので、わき毛の脱毛初回と同じ位か、それより少し強目の痛みを覚悟する必要があります。痛みの感覚としては、パチンと輪ゴムではじかれたような感覚、ジンワリとドライヤーの熱を当てたような感覚です。 ★★★★★威力が強いだけあって、かなり痛身を感じることがあります。私も経験者ですが、涙目になりました。歯を食いしばっても声がでてしまう位、初回は特に痛いと感じました。3回目ともなると毛が薄く弱くなるので、痛みは軽減してきます。
麻酔の有無 医療機関ではないので、麻酔の使用はできません。ただし、痛みに弱いなど事前に話しておくと、痛みを感じない様、念入りに局部を冷やしてもらえます。痛みが気になる方はカウンセリング時に伝えると良いでしょう。 ★★★2種の麻酔があります。1つ目は肌に直接塗り、肌の感覚を麻痺させるタイプ。2つ目は笑気ガスという、リラックス効果の強い歯科でも使用されている吸引麻酔です。麻酔には別料金がかかることもあるので、事前に確認しましょう。また、痛みが完全になくなるほど強い麻酔ではないので、麻酔をしたとしても痛みを感じる人もいます。
通院回数の平均 ★アンダーへアの毛の処理が楽になるまでの回数としては、14~16回が目安です。期間としては2年半ほどになるでしょう。 ★★★★★3つの部位それぞれで毛周期が違うため、Vゾーンで6回、IとOゾーンであれば8回~10回で脱毛が完了します。クリニックに通う期間は1年半くらいです。
相場費用 ★★★★★6回コースで4~6 万円 ★★★5回コースで7 ~10万円

「出来るだけ早く効果を実感したい」という方には医療(レーザー)脱毛。「毛の処理回数が少なくなればそれでよい」という方には、光脱毛の方が良いでしょう。

値段・効果・痛みの違いがありますから、自分にとって最適な方法をじっくり、考えてみてくださいね。

VIOゾーン処理の流れ

VIOゾーンの脱毛は恥ずかしさがつきまとい、何よりも色々と不安ですよね。

そのような人に向け、不安な思いを少しでも解消してもらえるよう、具体的なVIOゾーン処理の流れをご紹介します。

処理の流れ1:カウンセリング

整えたい形や、通院回数などの確認をしていきます。痛みに対する不安などがある場合は、カウンセリング時にしっかりと相談しましょう。

処理の流れ2:着替え

サロン・クリニックによって用意しているものに違いがあります。

ショーツを脱ぎタオルで巻くケースもあれば、サロン・クリニックで用意されているショーツを着用する場合もあります。

処理の流れ3:Vライン(仰向け)

ジェルを塗り、仰向けになった状態で照射していきます。

紙ショーツの場合は、それぞれ片側に寄せて行われます。脚は閉じたままで大丈夫です。

処理の流れ4:Iライン(仰向け)

ジェルを塗り、仰向けになります。左から行う場合、左足を立てて、外側に倒します。

この時、反対の足は伸ばした状態で大きく外に開きます。または、軽くM字開脚をするような感じで片足を横に上げ、照射を行うケースもあります。

処理の流れ5:Oライン(うつ伏せ)

消毒をした後にジェルを塗り、照射に入ります。

タオルであれば照射以外の部分をタオルで隠しながら、紙ショーツであればTバック状態にしてお尻を開いて照射していきます。

処理の流れ6:保湿

照射後はお肌が敏感になっています。そのため、クリーム塗布などの保湿ケアが行われます。

水着にそなえる! 光脱毛・レーザー脱毛のおすすめサロン

医療機関やサロンでVIO脱毛をしたい!そんな方におすすめのサロン・クリニックをご紹介します。

今ならココできまり!おすすめの光脱毛サロン

今回おすすめするのは、「プリート」 VIO脱毛専門のサロンです。痛みがほとんどでない機種を使用しているので、痛みが気になる方でも安心です。

さらに今なら初回5,000円キャンペーン中(7月31日まで)!2017創業祭ということで、ハイジニーナ脱毛最大50%OFF!

随分と自己処理が楽になる6回コースで51,600円(1回あたり8,600円)と、激安で知られるミュゼとほぼ変わらない料金になっています。

プリート公式サイトはコチラ

今ならココできまり!おすすめの医療(レーザー)脱毛クリニック

今回おすすめするのはレヴィーガ・クリニックです。最新の痛みを感じにくい機種を使用していること、効果の実感が早いことが魅力として挙げられます。

気になる料金は5回コースで100,800円。金額を他の人気クリニックと比較してみると、アリシアクリニックでは85,900円、リゼクリニック98,800円(5回目以降は半額になる)となっています。

他クリニックに比べると少し高めの値段設定ですが、痛みがかなり強いVIOだからこそ、痛みを最小限にできるレヴィーガでの脱毛を一押しします。

レヴィーガ・クリニック公式サイト

これでもう水着も怖くない!自信を持って着こなそう

これでもう水着も怖くない!自信を持って着こなそう
水着を着る時に気になる、毛の処理についてご紹介しました。VIOゾーンの毛を処理する方法として、自宅で自分で行う方法と、サロンやクリニックで脱毛する方法があります。

長い目で見れば、美しいデリケートゾーンを手に入れるためにもサロン・クリニックでの脱毛がおすすめです。

私は光脱毛から始めましたが、剛毛で効果が実感できなかったため、結局は医療脱毛に切り替えました。

その結果、今では、カミソリで陰部を傷つけてしまうこともなくなり、さらに黒ずみがどんどん改善されて来たのが嬉しかったです。

お蔭で、色々なタイプの水着に挑戦できるようにもなりました。もう、デリケートゾーンの毛を気にする日々とはさよならしましょう!

本記事の内容を参考に、自信をもって水着を着てもらえたら嬉しいです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シースリーの店内ってどんな雰囲気?

生理前の脱毛は効果が得にくいってホント?施術を控えるべき4つの理由

有名脱毛サロンの脱毛料金を徹底比較

ブライダル脱毛いつから始める?おすすめサロンでキレイなドレス姿に!

特典チケットの使用期限に気を付けて

備えあれば憂いなし!ミュゼの脱毛当日に持って行ったほうがいいものは?

デリケートゾーンの脱毛で、生理中のムレ対策は万全!

脱毛するならどこがおすすめ?あなたに合ったサロンをご紹介します

お金を掛けずに脱毛したい人は銀座カラーが向いている

ムダ毛で恥ずかしい思いをしないために!部位別のオススメケアを紹介

妊娠したときの脱毛サロンやクリニックの反応は?

ニードル脱毛の気になる種類や料金、オススメサロンを詳しく解説!